太陽光発電各社が米国で中国提訴も、安価な輸入品に対応-関係者

米国でドイツのソーラーワー ルドの子会社など太陽光発電関連メーカーが、中国からの安価な輸入 品をめぐる訴えを準備している。補助金を受けた中国メーカーの製品 への対応だという。事情に詳しい関係者が明らかにした。

メーカー各社は米商務省と米国際貿易委員会(ITC)に提訴 する見込みで、中国を対象とする訴えとしては最大級のものになると いう。

正式な訴えはまだだとして関係者が匿名を条件に28日に述べ たところによれば、米当局への訴えは中国の同国太陽光関連メーカー への補助金が世界貿易ルールに違反しており、中国メーカーに不当な 優位性を与えるとの主張に基づくものになるという。

ソーラーワールド・インダストリーズ・アメリカの広報担当、 ベン・サンタリス氏は「中国が新たな米国の産業を破壊するのを阻止 する方法に関し支援を得るため連邦当局と積極的に対話している」と 述べた。提訴の可能性についてコメントすることは控えた。