コンテンツにスキップする

格安航空エアアジアX:60機追加発注も、日豪で拠点確保して事業拡大

マレーシアの格安航空会社(LC C)エアアジアの長距離部門を担う子会社エアアジアXは、今後航空機 を60機程度追加で購入する可能性がある。アズラン・オスマンラニ最 高経営責任者(CEO)がブルームバーグ・ニュースとのインタビュー で明らかにした。

日本や豪州でハブ(運用拠点)を確保することを前提に事業拡大を 目指す。現在はエアバス航空機を30機発注しており、オスマンラニC EOは都内での28日のインタビューで「規模は保守的だ」と述べた上 で、発注を3倍にする可能性を示した。具体的な数や時期については言 及を控えた。親会社エアアジアはアジア最大のLCC。

エアアジアは全日本空輸とLCCのエアアジア・ジャパンを設立、 成田国際空港を拠点に来年8月就航開始を目指している。オスマンラニ 氏は、グループとしてエアアジアXも日本にハブを置く必要性を示し、 日本発のグアムやホノルルなどの長距離便を担う可能性にも言及した。 豪州については「ユニットはかなりの実現の可能性があるが、最低でも 2年程度は先の話だ」と述べた。

エアアジアXが2010年12月に就航させて現在週3便の羽田国際空 港-クアラルンプール線は月次ですでに黒字化した。オスマンラニ氏は 来年には年間で黒字化する見通しを示した。11月30日には関西国際空 港-クアラルンプール線も就航する。

--取材協力 東京 Mike Firn, Barry Porter Editor:Eijiro Ueno, Junko Hayashi

参考画面: 記事に関する記者への問い合わせ先: 東京 松田 潔社 Kiyotaka Matsuda +813-3201-8694 kmatsuda@bloomberg.net 東京 Chris Cooper +81-3-3201-7608 ccooper1@bloomberg.net 記事に関するエディターへの問い合わせ先: 東京 大久保 義人 Yoshito Okubo +813-3201-3651 yokubo1@bloomberg.net 香港 Neil Denslow +85-2-2977-6639 ndenslow@bloomberg.net

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE