コンテンツにスキップする

ユーロは「炎上する出口なき建物」、歴史遺産となる可能性-英外相

【記者:Robert Hutton】

9月28日(ブルームバーグ):ヘイグ英外相は、ユーロ圏が「炎上 する出口なき建物」だと述べた1998年当時の自身の発言の正しさが証 明されたと主張し、ユーロ圏諸国は今後何十年にもわたって重大な結 果を背負っていかざるを得ないだろうと語った。

ユーロ導入に前向きだったブレア労働党政権発足後の98年当時、 ヘイグ氏は野党・保守党党首としてパリ郊外のフォンテンブローで講 演し、欧州単一通貨ユーロは、経済条件があまりに異なる国々を一つ に束ねることによって、欧州の安定に打撃を与える恐れがあると警告 した。

ヘイグ外相は29日発売の英政治誌スペクテーターに掲載されるイ ンタビューで、ギリシャと他のユーロ圏諸国が直面するソブリン債危 機は、自らの過去の発言が正しかったことを示していると指摘。ユー ロが「今後何世紀にもわたってある種の歴史遺産としてその名をとど めることになる」との見方を示した。

ヘイグ氏はまた、「ギリシャやイタリア、ポルトガルの国民は自国 の非常に大きな変化、ユーロを導入していなかった場合よりもずっと 大きな変化を受け入れざるを得ない。ドイツ人は今後一生涯にわたっ てそれらの国に補助金を与え続ける状況を受け入れなければならない だろう」と述べ、「ユーロには出口が設計されておらず、離脱は非常に 困難だ」と付け加えた。外相の発言内容は英外務省が確認した。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE