米マイクロソフトと韓国サムスン電子、スマートフォンの特許共有へ

ソフトウエア最大手の米マイクロ ソフトは、韓国の携帯電話メーカー、サムスン電子と特許を共有する ことで合意した。スマートフォン(多機能携帯電話)向け基本ソフト (OS)市場での優勢な米アップルと米グーグルを追撃する。

28日発表の資料によれば、マイクロソフトはグーグルのOS「ア ンドロイド」を搭載したサムスン製のスマートフォンとタブレット型 コンピューターで、アンドロイドに関連したマイクロソフトの特許使 用を認め、サムスンから使用料を受け取る。

両社は、マイクロソフトの携帯電話用OS「ウィンドウズ・フォ ン」の開発とマーケティングでも協力することで合意した。

「ウィンドウズ・フォン7」をOSとするスマートフォンは、ア ップルの「iPhone(アイフォーン)」やアンドロイド搭載機との 競争に苦しんでいる。