コンテンツにスキップする

ノキア:新リストラ計画で3500人追加削減へ、ルーマニア工場閉鎖

更新日時

販売台数で携帯電話メーカー最 大手、フィンランドのノキアは、ルーマニアの工場を閉鎖し、事業を 再構築するのに伴い、3500人を追加削減する計画を発表した。

同社は29日の発表資料で、フィンランドとハンガリー、メキシ コの工場についても見直していることを明らかにした。同社は4月に 4000人の削減計画を発表済みだが、人減らしをさらに進めるという。

スティーブン・エロップ最高経営責任者(CEO)はスピード感 のある競合企業に追いつくため、事業のスリム化を図っている。基本 ソフト(OS)をシンビアンからマイクロソフトの「ウィンドウズ・ フォン7」や他のプラットフォームへ切り替えるのに伴い、シンビア ンをベースとしたソフトウエア開発や従業員3000人をアクセンチ ュアに移した。また、事業再編で新部門を設置しており、ドイツのボ ンと米ペンシルバニア州マルバーンにある部門を閉鎖する。

エロップCEOは発表資料で「こうした改革により、ノキアはよ りダイナミックで機動力があり効率的な挑戦者に生まれ変わる」と述 べた。また、欧州にある研究開発拠点を維持する方針を示した。

ノキアは別の発表資料で、独シーメンスとともに、両社の合弁会 社であるノキア・シーメンス・ネットワークスに計10億ユーロ(約 1040億円)の資本を注入することも明らかにした。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE