米企業の社債保証コスト、4日ぶり上昇-ギリシャめぐる独首相発言で

28日のクレジット・デフォルト・ スワップ(CDS)市場では、米企業の社債保証コストが4営業日ぶ りに上昇。ドイツのメルケル首相がギリシャ救済策について、再交渉 が必要となる可能性を示唆したことが嫌気された。

マークイット・グループによれば、マークイットCDX北米投資 適格指数のスプレッドは、ニューヨーク時間午後0時56分(日本時間 29日午前1時56分)現在、2.2ベーシスポイント(bp、1bp=

0.01%)上昇の138.4bp。

債務危機を食い止める欧州の指導者らの努力が進展しつつあると の投資家の楽観的見方が広がり、同指数は27日までの3営業日で8.9 bp低下していた。

参考画面: 翻訳記事に関する翻訳者への問い合わせ先: 東京 山口裕子 Yuko Yamaguchi +81-3-3201-8984 yuyamaguchi@bloomberg.net Editor: Ryoji Uchida 記事に関する記者への問い合わせ先: Mary Childs in New York at +1-212-617-6772 or mchilds5@bloomberg.net 記事に関するエディターへの問い合わせ先: Pierre Paulden at +1-212-617-3759 or ppaulden@bloomberg.net

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE