東電:福島第一原子炉温度3基とも100度以下に-冷温停止に向け前進

東京電力福島第一原子力発電所の原

子炉3基の温度が28日、100度以下になった。同社広報担当の元宿始氏 は、2号機の原子炉圧力容器下部の温度が午後5時点で、99.4度と100 度以下になったと話した。すでに1号機と3号機は80度以下まで下がっ ており、事故の収束に向けた大きな節目となる「冷温停止」へ一歩を踏 み出した。

東電は、冷温停止状態の定義として、圧力容器下部の温度がおおむ ね100度以下になっていることのほか、格納容器からの放射性物質の放 出が管理され被ばく線量が大幅に抑制されていることとしている。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE