アジア株:MSCI指数、上昇-ギリシャ支援に向けた進展を好感

28日のアジア株式市場で、MSC Iアジア太平洋指数は上昇。ギリシャが国際社会からの追加支援確保 に必要な条件の達成に向けて前進したほか、ドイツがギリシャ支援継 続を表明したことが手掛かりとなった。

時価総額で英3位の銀行、スタンダードチャータード銀行は香港 市場で上昇。米ウォルマート・ストアーズなどの小売企業に玩具や衣 料品を納入する香港のリー・アンド・フォン(利豊)は下落。9月の 米消費者信頼感指数が2年ぶり低水準付近にとどまったことが影響し た。

MSCIアジア太平洋指数は日本時間午後4時41分現在、前日比

0.4%高の113.9。構成銘柄中、値上がりと値下がりの比率は約3対2。 日経平均株価は同5円70銭(0.1%)高の8615円65銭で引けた。

りそな銀行アセットマネジメント部の黒瀬浩一チーフ・ストラテ ジストは、ギリシャ問題をめぐる「しっかりとした支援材料を受けて 解決への期待が高まった」としながらも、事態の真の進展が見られな ければ、相場は再び下げに転じる可能性があると予想した。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE