印マヒンドラ:高級SUV市場で新車種投入へ-トヨタ自動車に対抗

スポーツ型多目的車(SUV)メ ーカーでインド最大手のマヒンドラ・アンド・マヒンドラは、新型S UVの「XUV500」を発売する計画だ。拡大する高級SUV市場で、 同国で最も売れ行きの良いトヨタ自動車の「フォーチュナー」に対抗 する。

マヒンドラの自動車・農機具部門のパワン・ゴエンカ社長は26日、 XUV500の価格を120万-200万ルピー(約187-312万円)に設定 することを明らかにした。

フォーチュン・エクイティ・ブローキング・インディアのアナリ スト、マハンテシュ・サバラド氏は、「XUV500はマヒンドラが期待 するほど大きく流れを変える車にはならないと思う。高級ブランドに はマヒンドラやタタ・モーターズにはない、人々が憧れるような価値 が必要だ。販売台数は多くならないだろう」と述べた。

インド自動車工業会(SIAM)によると、同国の8月の高級S UV販売台数は2102台。4-8月の販売は前年同期比20%増となった。 同期間の乗用車販売は同1.3%減だった。