スロベニア議会、EFSF機能拡充案を承認-政情不安の中で可決

スロベニアは欧州連合(EU) の救済基金である欧州金融安定ファシリティー(EFSF)への36 億6000万ユーロ(約3800億円)の保証を承認した。欧州のソブリ ン債危機が深刻化する中で、ユーロ圏全体による同案承認に近づい た。

スロベニア議会は27日、EU首脳が7月21日に合意した4400 億ドル規模のEFSFの機能拡充案について採決を行い、賛成49、 反対4で可決した。議会の委員会は先週、同案を賛成7、反対6で 可決して下院に送付していた。同案実施にはユーロ圏17カ国全ての 承認が必要。

ユーロ圏各国に同案の支持を働き掛けてきたドイツのメルケル 首相は8月にスロベニアの指導者と会談していた。今回の投票はス ロベニアの政情不安の中で実施されたもので、否決されればユーロ 圏の債務危機収拾の努力を損ない国の信認を傷つけると同国財務省 は先週警告していた。今回の承認を受け、同案採択に最も消極的な 国はユーロ圏で2番目に貧しいスロバキアとなった。