ブラジル株:ボベスパ指数が続伸-融資残高の増加、金属相場高を好感

27日のブラジル株式市場では、 指標のボベスパ指数が続伸した。同国銀行の融資残高の増加が示され たことで銀行株が値上がり。欧州の政策当局者は債務危機を解決する との楽観的な見方を背景に金属相場が上昇し、金属関連企業の見通し が改善したことも指数上昇に寄与した。

銀行のイタウ・ウニバンコ・ホールディングスが上げをけん引し た。ブラジルの8月の与信総額が今年最大の伸びになったとの同国中 央銀行の発表が好感された。鉄鉱石生産のMMXミネラサン・エ・メ タリコスとヴァーレは、金属相場の値上がりを受けて買われた。

ただ、金利先物の利回りが上昇し追加利下げ観測の後退が示さ れ、指数の伸びは抑えられた。ネット通販のB2Wコンパニア・グロ ーバル・ド・バレジョと消費財メーカーのイーペルマルカスが下落し た。

ボベスパ指数は前日比0.3%高の53920.36で終了。一時は同

2.3%高となっていた。指数構成銘柄のうち、値上がりは33銘柄、 値下がりは35銘柄。通貨レアルは1.1%高の1ドル=1.8042レアル。

ネオ・ジェスタン・デ・レクルソスの運用担当者、アウグスト・ ランジェ氏は「前進と後退との間で揺れ動く状態が続くだろう」とし、 「ギリシャなど欧州の国への救済策はいかなるものでも安心感を生む。 しかし、それで問題解決とはならない」と述べた。