米連邦大陪審、パナソニックなど3社の元幹部起訴-国際価格カルテル

米連邦大陪審は、冷却用コンプレ ッサー(圧縮機)をめぐる国際価格カルテルに関与したとして、パナ ソニックと米家電メーカー、ワールプールの子会社、米テカムセ・プ ロダクツ子会社の元幹部を起訴した。米司法省が声明を発表した。

声明によれば、起訴されたのはワールプール子会社、エンプレサ・ ブラジレイラ・デ・コンプレソレスの元社長兼最高経営責任者(CE O)、テカムセ・ド・ブラジルの元社長、パナソニックの冷凍装置部門 のゼネラルマネジャー。米国などで冷却用コンプレッサーの値上げで 談合し、競争を阻害したとしている。

参考画面: 翻訳記事に関する翻訳者への問い合わせ先: 東京 関根裕之 Hiroyuki Sekine +81-3-3201-7850 hsekine@bloomberg.net Editor: Ryoji Uchida 記事に関するエディターへの問い合わせ先: Will Daley at +1-212-617-4618 or wdaley2@bloomberg.net

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE