米ダラス連銀総裁:FRBの独立性に議会の右派・左派双方から攻撃

米ダラス連銀のフィッシャー総 裁は27日、米連邦準備制度理事会(FRB)の独立性を脅かす攻撃 が議会の右派、左派双方から仕掛けられているとの認識を示した。

フィッシャー総裁はダラスでの講演後の質疑応答で、「われわれ は右派、左派双方の議員から攻撃を受けているが、テキサス州のロ ン・ポール下院議員(共和党)とマサチューセッツ州のバーニー・フ ランク下院議員(民主党)の間に違いはない」と発言。「議員らはわ れわれが独立性を持ち過ぎていると考えている。彼らは議会が金融政 策を担うべきだと信じているのだ」と指摘した。