ルービニ氏:先進国の大半がリセッションに逆戻りしつつある

ルービニ・グローバル・エコノミ クスの共同創設者で会長のヌリエル・ルービニ氏は、先進諸国の大半 はリセッション(景気後退)に逆戻りしつつあると指摘。米国につい てはすでに景気後退のさなかにあると述べた。

ルービニ氏は27日、ニューヨークで開かれた「ブルームバーグ・ ディールメーカーズ・サミット」のパネルディスカッションに参加し、 「世界経済を見る限り、先進諸国の大半は再びリセッションに陥りつ つあるようだ」と述べ、「あらゆるデータを見ても、米国はすでにリセ ッションにあるようだ」と指摘した。

米民間調査機関のコンファレンス・ボードが27日発表した9月の 消費者信頼感指数は2年ぶり低水準付近にとどまり、職探しの厳しさ を示す指数は過去約30年で最大となった。欧州首脳は先週末の国際通 貨基金(IMF)年次会合で、既に世界の他の地域に飛び火している 債務危機の解決を求める圧力に直面した。

ルービニ氏はこの日、「現段階では、リセッションないし景気の二 番底に陥るかどうかということではなく、比較的穏やかなリセッショ ンになるかどうか、あるいは深刻なリセッションと世界的な金融危機 に至るかどうかということが問題になっている」と発言。「この問いに 対する答えは、ユーロ圏が今後どうなるかとユーロ圏が協調して行動 できるかどうかにかかっている」と指摘した。

同氏はまた、「われわれは政策手段がなくなりつつある」と述べた 上で、欧州債務危機は2008年のリーマン・ブラザーズ・ホールディン グス破綻よりも「さらに深刻な」悪影響をもたらす可能性があると付 け加えた。

同会合に参加した投資会社WLロスのウィルバー・ロス会長は、 債務危機から最初に立ち直るのはアイルランドだと予想、その理由と して、「アイルランドは地中海クラブ諸国のように改革を必要としない からだ」と説明した。