コンテンツにスキップする

英国債:3日続落、2週間ぶり高利回り-欧州債務危機の懸念が緩和

27日の英国債相場は3営業日 続落。欧州当局者がソブリン債危機封じ込めに向けた新たな措置を打 ち出すとの観測が広がり、比較的安全とされる英国債の需要が後退し た。

2年債と10年債の利回りは約2週間ぶりの高水準に達した。ド イツのメルケル首相がギリシャの安定に向けあらゆる支援を提供する と述べたことが背景にある。ガイトナー米財務長官は26日、世界景 気を脅かす危機を解決するため欧州各国が一段と力を尽くすだろうと 語った。

ロイズ・バンク・コーポレート・マーケッツの債券ストラテジス ト、エリック・ワンド氏は「リスク意欲が改善し、安全を求める動き は消えつつある」と述べ、「欧州当局者が解決策をまとめるとの期待 感が市場にはある」と続けた。

ロンドン時間午後4時25分現在、10年債利回りは前日比10 ベーシスポイント(bp、1bp=0.01%)上昇の2.53%。一時 は2.57%まで上げ、15日以来の高水準を付けた。同国債(表面利 率3.75%、2021年9月償還)価格は0.97下げ110.625。

一方、2年債利回りは0.56%で、前日からほぼ変わらず。15 日以来の最高となる0.59%まで上昇する場面もあった。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE