コンテンツにスキップする

米国株:上昇、引け前1時間で上げ幅縮小-ギリシャ関連報道で

米株式相場は上昇。ギリシャ が国際支援の確保に必要な条件を満たすために前進していることが 示されたほか、ドイツがギリシャへの支援を継続すると表明したこ とが材料視された。主要株価指数はただ、引け前1時間で上げ幅を 大幅に縮小した。

S&P500種株価指数の産業別10指数はいずれも上昇。特に 素材株や資本財株が上昇した。化学のダウ・ケミカルやヘリコプタ ーなどを製造するユナイテッド・テクノロジーズ(UTX)を中心 に景気の変動に敏感な銘柄が上昇した。

金融株は上げ幅を削った。英紙フィナンシャル・タイムズは 欧州当局者を引用し、一部の欧州諸国が民間投資家に対し、保有す るギリシャ債の評価損引き上げを求めていると報道したことが嫌気 された。バンク・オブ・アメリカ(BOA)は一時3.8%上昇して いたが、1.8%安で取引を終えた。

S&P500種株価指数は前日比1.1%高の1175.38。ダウ工 業株30種平均は146.83ドル(1.3%)上昇して11190.69ドル だった。

PNCウェルス・マネジメントのジェームズ・ダニガン最高 投資責任者(CIO)は電話インタビューで、「欧州は何か手を打 つ必要があるとの声が高まりつつある」と指摘。「崖っぷちから離 れ、リセッション(景気後退)を回避できれば、間違いなく株価に は値ごろ感を見いだせるだろう」と述べた。

欧州は入院患者

ルーミス・セイルズで資産運用に携わるデービッド・ソワビー 氏は、「欧州は入院患者のようだと考えたらいい」と述べ、「病室 には多くの医者がいるが、明確な治療薬がみつからない」と続けた。

MSCIオールカントリー世界指数は2.9%上昇。ドイツの メルケル首相は、ギリシャには国際支援を受けるための条件を満た す用意があると述べた。ギリシャの条件達成の可否は、欧州連合 (EU)と国際通貨基金(IMF)、欧州中央銀行(ECB)の3 機関、「トロイカ」が審査する。

ギリシャのパパンドレウ首相は、新たな固定資産税導入をめ ぐる議会採決で承認を獲得した。これで、さらなる国際金融支援の 確保に向け財政緊縮策を推し進めやすくなった。

景気敏感株が高い

景気敏感株で構成されるモルガン・スタンレー・シクリカル 指数は2.2%上昇。ダウ輸送株平均は1.6%高。ダウ・ケミカルは

4.4%上昇、UTXは2.2%値上がりした。

朝方発表された住宅価格が市場予想ほど値下がりしなかったこ とが手掛かりとなり、住宅建設のパルトグループは上昇した。

全米20都市を対象にした7月の米スタンダード・アンド・プ アーズ(S&P)/ケース・シラー住宅価格指数は前年同月比で

4.1%低下した。ブルームバーグがまとめたエコノミスト調査の予 想中央値は4.4%低下だった。

S&P500種金融株は0.4%高。一時は3.2%上昇まで上げ ていた。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE