米S&P/ケース・シラー住宅価格:7月は前年比4.1%低下

全米20都市の住宅価格は7月 に前年同月比で低下した。

全米20都市を対象にした7月の米スタンダード・アンド・プア ーズ(S&P)/ケース・シラー住宅価格指数は前年同月比で

4.1%低下した。ブルームバーグがまとめたエコノミスト調査の予想 中央値は4.4%低下だった。前月は4.4%低下(速報値4.5%低下) に修正された。

季節調整後ベースで7月の住宅価格は前月比でほぼ変わらず。 前月もほぼ横ばいだった。

調査会社MFRの米国担当チーフエコノミスト、ジョシュア・シ ャピロ氏は顧客向けリポートで、「中古住宅の在庫が大量に存在する こと、特にすべての差し押さえ物件を考慮に入れれば、当面は価格に 圧力がかかるのは確実だ」と指摘。「今後数四半期は一段の下落が予 想されるが、これまでのような急激な落ち込みにはならない可能性が 高い」と続けた。

20都市のうち、18都市が前年同月比で低下。特にミネアポリ スは9.1%下げた。上昇したのはデトロイトとワシントンで、それ ぞれ1.2%、0.3%伸びた。

ックしてご覧ください。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE