コンテンツにスキップする

今日の国内市況:株式半年ぶり上昇率,債券安-ユーロ高、欧州懸念緩和

東京株式相場は3営業日ぶりに反 発し、TOPIX、日経平均株価ともに終値ベースで3月22日以来、 約半年ぶりの上昇率を記録した。欧州政策当局が追加金融緩和措置を講 じるとの観測などから、世界景気や金融システムへの過度な不安感が後 退。ゴム製品や繊維など素材関連、機械や精密機器など輸出関連といっ た景気敏感業種を中心に幅広く買いが入った。

TOPIXの終値は前日比19.70ポイント(2.7%)高の748.55、 日経平均株価は同235円82銭(2.8%)高の8609円95銭。日経平均 は、心理的節目の8500円を回復した後はやや上値の重い展開が続いて いたが、終盤にかけて先物主導で徐々に水準を切り上げた。

欧州中央銀行(ECB)が来週開催する10月の政策委員会では、 カバード債の購入再開を協議するほか、1年物資金供給オペの再開や現 時点では議題に含まれていない利下げも協議される公算が大きい、とい う。ユーロ圏の中央銀行当局者がブルームバーグに対し明らかにした。

一方、BBC放送(電子版)が国際通貨基金(IMF)からのリポ ート内容に言及して報じたところによると、欧州各国政府によるユーロ 圏高債務国の大掛かりな救済策の概要が具体化しつつあり、これにはギ リシャ債務の50%減免が含まれる見通しという。新たな救済策は、救 済基金の規模を2兆ユーロに拡大することも想定、各国政府は5-6週 間以内の合意を目指しているという。

政策進展期待で欧州の過度な金融不安、世界景気への悪影響を懸念 する動きが後退し、前日の欧米株式は上昇。日本時間27日の東京外国 為替市場では、前日に対円で1ユーロ=101円94銭まで下落し、2001 年6月以来の安値を付けたユーロが103円台中盤まで戻した。国際商 品市況も原油先物中心に反発し、海外株式や為替、商品の安定が好感さ れ、素材や輸出、資源関連、金融など幅広い業種が上昇。

終盤にかけては、韓国や香港など世界景気の動向に敏感なアジア各 国の主要株価指数が大幅に上昇した影響などから、日経平均も徐々に水 準を切り上げた。韓国総合株価指数は一時5%高、香港ハンセン指数は

3.2%高まであった。さらにこの日の東京市場は、3・9月決算企業の 権利付き最終売買日で、配当権利取りの買いが断続的に入っていたこと も、反発基調を強める一因だった。

ただ、長期的な株価のトレンドを決める米国の景気減速懸念は改善 する兆しが見えておらず、継続的な上昇を見込む市場関係者は多くない ようだ。米商務省が26日に発表した8月の米新築住宅販売は、前月比

2.3%減の29万5000戸と6カ月ぶりの低水準に落ち込んだ。また、 米シカゴ連邦準備銀行が発表した全米活動指数はマイナス0.43と、2 カ月ぶりに低下した。

東証1部の売買高は概算で18億8390万株、 売買代金は1兆 1931億円。値上がり銘柄数は1535、値下がり87。東証1部業種別33 指数はゴム、機械、繊維、ガラス・土石、精密、非鉄金属、電機など 32業種が上昇。下落は空運の1業種のみだった。国内新興市場は、ジ ャスダック指数が前日比1.9%高の47.93、東証マザーズ指数が同

2.3%高の383.48とともに反発した。

長期金利は5営業日ぶり1%台

債券相場は下落。前日の米国市場で株高・債券安となった流れを引 き継いで売りが先行した。午後に入って、国内株価が一段高となると売 りが膨らみ、長期金利は5営業日ぶりに1%台に上昇した。一方、この 日実施の2年債入札結果は無難だったものの、相場全体に及ぼす影響は 限定的だった。

現物債市場で長期金利の指標とされる新発10年物の317回債利 回りは、前日比1ベーシスポイント(bp)高い0.985%で始まり、午前 9時半過ぎには0.995%まで上昇。その後は0.99%で推移していたが、 日経平均株価が午後に入って上げ幅を拡大すると、3時過ぎには

2.5bp高い1.00%と、16日以来の1%台に上昇した。

超長期債も安い。20年物の130回債利回りは前日比3bp高い

1.71%、30年物の35回債利回りは2.5bp高い1.885%と、ともに3 営業日ぶりの高い水準を付けた。

東京先物市場で中心限月12月物は反落。前日比13銭安の142円 59銭で始まり、直後に142円48銭と8日以来の安値を付けた。その 後は142円50銭台にやや持ち直して推移していたが、終了間際に再び 売りが増えて、結局は142円48銭と、この日の安値で引けた。

26日の米国債相場は下落。国際通貨基金(IMF)年次総会では ガイトナー米財務長官ら各国当局者が欧州に対し債務危機の収束へ向け た取り組みの強化を強く要請。これを背景に米株式相場が大幅上昇とな ったため、国債市場では売りが出た。米10年債利回りは前週末比6bp 上昇の1.90%程度。

財務省がこの日実施した2年利付国債(309回債)の入札結果に よると、最低落札価格は99円93銭となり、事前予想(99円93銭) と一致した。小さければ好調とされるテール(最低と平均価格との差) は4厘となり、前回の8厘から縮小。応札倍率は3.29倍と前回の

3.62倍から低下した。

日本相互証券によると、この日に入札された2年物の309回債利 回りは、午後の業者間市場では0.135%で寄り付いた。午後3時16分 時点でも0.135%で推移している。

ドルと円が対ユーロで下落

東京外国為替市場ではドルと円がユーロに対して、じり安。欧州の 債務危機対応への期待から世界的に株価が上昇。リスク回避の流れが弱 まるなか、ユーロや高金利通貨の下落に一服感が広がり、これまで逃避 通貨として買われていたドルや円には売り圧力がかかった。

ドルは対ユーロで一時、1ユーロ=1.3570ドルまで下落。朝方に は1.34ドル後半まで買われる場面も見られたが、アジア株が堅調に推 移するなか、じりじりと上値を切り下げる展開となった。円も対ユーロ で一時、1ユーロ=102円後半へ上昇したが、その後反落し、午後には 一時103円63銭まで値を下げた。

一方、ドル・円相場は1ドル=76円前半で小動き。半期末が接近 し、円を買い遅れた国内輸出企業の動向が警戒された半面、8月に付け た円の戦後最高値(75円95銭)が意識される中、円売り介入への警 戒感も強く、上下ともに動きづらい展開が続いた。

ユーロ圏の中央銀行の当局者は、欧州中央銀行(ECB)が来週開 催する10月の政策委員会で、カバード債の購入再開を協議する公算が 大きいことを明らかにした。1年物資金供給オペの再開も検討する。現 時点では議題に含まれていないものの、利下げも協議される公算が大き いという。

ギリシャのパパンドレウ首相はベルリンで、現地時間27日午後8 時にメルケル独首相とのワーキングディナーに臨む。ギリシャではこの 日、欧州連合(EU)とIMFからの次回融資を確保しデフォルト(債 務不履行)を回避する上で鍵となる不動産税導入をめぐる議会採決が行 われる。

欧州政策当局が追加金融緩和措置を講じるとの観測から、過度な世 界景気、金融システムへの不安が後退し、アジア株も軒並み上昇。前日 の米ダウ工業株30種平均はここ1カ月で最大の値上がりとなり、投資 家の不安心理を移すシカゴ・オプション取引所(CBOE)のボラティ リティ・インデックス(VIX)は前日から低下した。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE