コンテンツにスキップする

UBSが債券資本市場部門で人員削減、当初計画の一環-ロイター

スイスの銀行最大手UBSが債券 資本市場(DCM)事業の人員削減に着手したと、ロイター通信が26 日、複数の関係者の話として報じた。オリジネーション担当幹部とシ ンジケーションチームから多数が退社するという。削減は8月末に発 表された3500人規模のコスト削減策の一部で、トレーダーの不祥事や、 その後のオズワルド・グルーベル氏の最高経営責任者(CEO)辞任 で投資銀行事業見直しの観測が高まる前からの計画だとロイターは報 じている。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE