中国:不動産開発会社の信用見通し、一段と厳しくなる-米S&P

米格付け会社スタンダード・ア ンド・プアーズ(S&P)は27日、中国の不動産開発会社の信用見 通しが「一段と厳しく」なるとの見方を示した。売り上げ鈍化に伴い、 値下げを余儀なくされるほか、よりコストの高い資金調達に頼らざる を得なくなる可能性があるとみている。

S&Pは中国の不動産会社に対するストレステストを実施。これ に基づき、売り上げが30%減少すれば多くの不動産開発業者が流動性 逼迫(ひっぱく)に見舞われる可能性があると予想。ただ、大半の業 者は来年、10%の販売減を「吸収」できるだろうとの見方も示した。

フランク・ルー氏率いるS&Pのアナリストはリポートで、「中 国の不動産業界にとって最悪の状況は終わっていない」と分析。その 上で、「各社とも今後の売り上げ鈍化と不動産価格下落に対する準備 を整えつつある」と付け加えた。

--Bonnie Cao. Editors: Andreea Papuc, Linus Chua

参考画面: 翻訳記事に関する翻訳者への問い合わせ先: 東京 野崎 ひとみ Hitomi Nozaki +81-3-3201-3549 or hnozaki1@bloomberg.net Editor:Masashi Hinoki 東京 笠原文彦  Fumihiko Kasahara  +81-3-3201-3761 fkasahara@bloomberg.net Editor:Masashi Hinoki 記事に関する記者への問い合わせ先: Bonnie Cao in Shanghai at +86-21-6104-3035 or bcao4@bloomberg.net 記事に関するエディターへの問い合わせ先: Andreea Papuc at +852-2977-6641 or apapuc1@bloomberg.net

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE