KLab株マザーズ新規上場、公募価格比買い気配-ソーシャル事業

東証マザーズ市場に27日、KLa bが新規上場した。公募価格1700円に対し、午前は買い気配を切り上 げている。事業内容に対する評価が高いことに加え、直近IPO(新 規上場銘柄)の株価動向が堅調なことも追い風となっている。

午前10時38分時点の気配値は公募価格比45%高の2465円、注 文状況は差し引き79万株の買い超過となっている。

同社はソーシャルゲーム事業を主力としており、2012年8月期の 営業利益は前期比6.2倍の9億2600万円の見通し。上場に際し公募 22万9700株、売り出し69万2800株を実施した。

いちよし証券投資情報部の宇田川克己課長は、人気化の背景とし て「SNSとゲームという事業内容の面白さに加え、成長性への期待 がある」と指摘。さらに、ブレインパッドなど直近のIPO銘柄の初 値は堅調に推移しており、「既存銘柄のように戻り待ち売りが控えてい ない需給面の良さも好感されている」としていた。