コンテンツにスキップする

金相場の下落基調、変化しつつある投資家の姿勢を反映-フィッチ

最近の金相場の下落基調は、投資 家の姿勢が変化しつつある様子を反映していると格付け会社フィッ チ・レーティングスが指摘した。

信用市場コメンタリーチームのシニアディレクター、アレック ス・グリフィス氏は26日付のリポートで、「過去1週間の金を売る動 きは、リスクオン(選好)とリスクオフ(回避)のパターンの大きな 変化を表している」と説明した。

リポートはその上で、「最近までの取引は『安全資産』と考えられ る金や米国債などに資金が流れ、世界経済のリスク認識の高まりを反 映していた。しかし、投資家の金に対する姿勢が変化しつつあるよう だ」との見方を示した。

参考画面: 翻訳記事に関する翻訳者への問い合わせ先: 東京 小針章子 Akiko Kobari +81-3-3201-8879 akobari@bloomberg.net Editor: Ryoji Uchida 記事に関する記者への問い合わせ先: 記事に関するエディターへの問い合わせ先: Stuart Wallace at +44-20-7673-2388 or swallace6@bloomberg.net

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE