コンテンツにスキップする

ラスキンFRB理事:追加金融緩和をためらうべきではない

米連邦準備制度理事会(FRB) のラスキン理事は、前例にない規模で講じた一連の景気浮揚策が米 経済成長や雇用促進に与えた効果は予想以上に弱いものだったが、 政策当局者は一段の金融緩和をためらうべきではないと述べた。

ラスキン理事は26日、ワシントンで講演。事前に配布された 原稿によると、FRBの金融政策の効果は「個人的に期待していたよ りもいくらか抑制されている」と述べたが、これは追加の金融緩和が 「役立たない」ことを意味するわけではないと続けた。さらに、「む しろその逆の結果もあり得る。つまり、追加的な緩和策は現在の状況 下では正当化されるということだ」と話した。

ラスキン理事は、高い失業率や長引く失業期間を考えると、金 融政策当局者は「雇用創出を促進するために幅広いアプローチ」を 検討すべきだと指摘した。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE