中国は米欧債購入より国内金融システムの改善を-UBSの汪氏

中国は米欧の債券をこれ以上買う べきではなく、むしろ国内金融システムの改善に資金を充てるべきだ -。UBSの中国経済調査責任者、汪涛氏(香港在勤)が26日、上海 で開かれた金融フォーラムで語った。

汪氏は、人民元の国際化には10-20年かかると予想。人民元が準 備通貨になるために中国に必要なのは、透明な為替政策と自由にアク セスできる債券市場だと述べた。

参考画面: 翻訳記事に関する翻訳者への問い合わせ先: 東京 野崎 ひとみ Hitomi Nozaki +81-3-3201-3549 or hnozaki1@bloomberg.net Editor: Fumihiko Kasahara 記事に関するエディターへの問い合わせ先: Bloomberg News at +86-21-6104-3042 or swong139@bloomberg.net