コンテンツにスキップする

NY外為(午前):ユーロ103円台回復-独景況感は予想ほど悪化せず

26日の外国為替市場で、ユー ロは軟調。域内経済減速の中で債務危機の解決が困難との見方が強ま り、一時は円に対して10年ぶりの安値、ドルに対して8カ月ぶり安 値を付けた。

ギリシャが救済資金の次回分を受け取れるかどうかの不透明感が ユーロの重し。ただ、ドイツのIfo経済研究所がまとめた9月の独 企業景況感指数の低下は市場予想より小幅にとどまり、ユーロは円に 対し103円台を回復。ドルに対しては前週末比ほぼ変わらずとなっ た。

ユーロは対円で一時1ユーロ=101円94銭と、2001年6月以 来の安値となった。ニューヨーク時間午前7時14分現在は、0.2% 安の103円20銭。対ドルはほぼ変わらずの1ユーロ=1.3527ド ル。一時は1月18日以来のユーロ安となる1.3363ドルを付けた。

円は対ドルで0.4%上げ1ドル=76円29銭。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE