コンテンツにスキップする

米ボーイングの「ドリームライナー」、3年待ちの全日空にきょう納入

全日本空輸は26日、米ボーイング から「ドリームライナー」の愛称を持つ新世代旅客機「ボーイング7 87」の初号機の納入を受ける。同機は機体に複合材料を使用した世 界初のジェット旅客機。

全日空は25日に引き渡しに関連した文書業務を完了し、3年間待 ったドリームライナーをワシントン州エバレットで26日に受け取る。 ボーイングは同機に用いる新素材や製造工程など開発面で苦戦し、 2007年以降7回も納入を延期していた。

全日空は787を55機発注しており、同機を運航する最大の航空 会社となる。全日空は当初予定の2008年5月に同機を受け取れなかっ た影響を緩和するため、ボーイングから「B767」や「B777」 を受け取っていた。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE