NY銅先物:大幅続落、2日間で13%の下げ-債務危機と景気後退懸念

23日のニューヨーク銅先物相場は大 幅続落。2日間での下げは2008年10月以来で最大となった。欧州では債 務危機が深刻さを増し、米経済もリセッション(景気後退)突入が警戒 されるなか、原材料需要が減少するとの見方が広がった。

ニューヨーク商業取引所(NYMEX)のCOMEX部門の銅先 物12月限終値は前日比20.85ドル(6%)安の1ポンド=3.28ドル。一 時は2010年8月25日以来の安値となる3.215ドルまで下げた。2日間で の下げは13%。週間では16%下げた。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE