UBS:投資銀行部門はアジアの富裕層顧客獲得の鍵-巨大な成長機会

更新日時

スイス最大の銀行UBSにとっ て、ウェルスマネジメント部門がアジア太平洋地域での「巨大な」成 長機会を生かすための鍵は投資銀行事業にあるようだ。

香港のウェルスマネジメント事業責任者、アレン・ロー氏は「顧 客を支援するために、投資銀行のプラットフォームを持つことが非常 に重要だ」と述べた。「アジア太平洋地域には長期的に巨大な成長機 会がある」とも指摘した。

同氏は27日、チューリヒでのインタビューで、投資銀行はアジ アの富裕層顧客を獲得する上でUBSを他行から差別化するのに役立 つと説明した。アジアではまだウェルスマネジメントシステムに資産 を預けている人は少ないという。

UBSのカスパー・フィリガー会長は24日、オズワルド・グル ーベル最高経営責任者(CEO)の辞任を発表。投資銀行事業でのリ スクを縮小しウェルスマネジメント事業に軸足を移す方針を示した。 同日に就任したセルジオ・エルモッティ暫定CEOについてロー氏は、 実績がありUBSの「困難な時期」を乗り切るだろうと述べた。

UBSは6月末時点で、アジアで1620億スイス・フラン(約 13兆8500億円)の顧客資産を運用していた。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE