コンテンツにスキップする

アジア株:MSCIアジア太平洋指数は2.5%安-世界経済への懸念で

23日のアジア株式相場は下落。この まま行けばMSCIアジア太平洋指数は週間ベースで約3年ぶりの大幅 安となる可能性がある。政策当局者には世界的なリセッション回避のた めの手段が尽きつつあるとの懸念が材料。

BHPビリトンは4%安。原油相場と金属相場の急落が嫌気され た。サムスン電子は4.1%の下げ。

MSCIアジア太平洋指数(日本を除く)は日本時間午後3時3分 現在、前日比2.5%安の369.91。このままなら今週は11%の下げ で、2008年10月以来最大の下落となる。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE