NY外為(午前):ユーロ軟調-円は対ドルで戦後最高値に近い

23日のニューヨーク外国為替 市場でユーロは主要通貨の大半に対して軟調。当局が欧州ソブリン債 危機の抑制で十分な行動を取っていないとの見方が背景にある。

20カ国・地域(G20)財務相・中央銀行総裁会議は、リスクへ の対応を確約する声明を出した。格付け会社ムーディーズ・インベタ ーズ・サービスは、ギリシャの8銀行を格下げ。円はドルに対し戦後 最高値に近づき、介入への警戒がくすぶっている。

ユーロは一時、対ドルで0.3%下げた。ニューヨーク時間午前9 時28分現在は0.2%高い1ユーロ=1.3482ドル。

円は対ドルで0.1%上げ1ドル=76円17銭。8月19日に付 けた戦後最高値は75円95銭。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE