エラリアン氏:仏銀が欧州を本格的な銀行危機に陥れる恐れ-FT紙

フランスの銀行が欧州を「本格的な 銀行危機」に陥れることがあり得ると、債券ファンド大手、米パシフィ ック・インベストメント・マネジメント(PIMCO)のモハメド・エ ラリアン最高経営責任者(CEO)が指摘した。その場合、リセッショ ン(景気後退)の再来は確実になると、同CEOは英紙フィナンシャ ル・タイムズ(FT、オンライン版)への寄稿で書いている。

エラリアン氏は「フランスの銀行に関しては機関投資家による取り 付けのあらゆる兆候が見られる」とし、「欧州は債務危機の秩序立った 解決に向け事態を制御する力を失いかけている」と分析。信用市場はフ ランスの銀行について格付け「BB」程度のデフォルト(債務不履行) 確率を織り込んでいるが、それは「基本的に健全な銀行事業と相いれな いものだ」とも指摘している。

同氏は各国政府と欧州中央銀行(ECB)が協力して銀行に資本を 注入し預金者を守らなければならないと論じた。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE