コンテンツにスキップする

中国外務省:米政府の台湾への武器売却方針、米中関係損ねた

中国外務省の洪磊副報道局長は22 日、米政府が台湾への武器売却方針を米議会に通告したことについて、 米中間の軍事・安全保障面での協力を損ねるものだと表明した。

洪副報道局長は北京での定例記者会見で、関係悪化の責任は全て米 国側にあると言明、「中国の主権と領土保全を損ねる活動に関与する者 は誰であれ、中国人民の厳しい反発に直面するだろう」と述べた。

参考画面: 翻訳記事に関する翻訳者への問い合わせ先: 東京 Fumihiko Kasahara Fumihiko Kasahara +81-3-3201-3761 fkasahara@bloomberg.net

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE