ロゴフ氏:最大のリスクは南欧の銀行の取り付け-ハンデルスブラット

国際通貨基金(IMF)の元調 査局長で現在はハーバード大学の教授を務めるケネス・ロゴフ氏は、 ユーロ圏にとって現時点での最大のリスクは南欧の銀行の取り付け だとの見方を示した。ドイツ紙ハンデルスブラットが22日伝えた。

ロゴフ氏は同紙とのインタビューで、ドイツなど比較的安全な 国の銀行に預金がシフトしかねないと指摘。また、一部のユーロ圏 諸国のソブリン債の再編を「タブー」にすべきでないと語った。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE