米FRB、来年早い時期にQE3導入も-ソシエテGのボコブザ氏

米連邦準備制度理事会(FRB) は、米国のインフレが沈静化することから来年の早い時期に量的緩和 第3弾(QE3)を導入する可能性がある。フランスの銀行、ソシエ テ・ジェネラルの資産配分戦略責任者を務めるアラン・ボコブザ氏が 22日、北京での会見でこうした見方を示した。

同氏は、投資家が完全な形でのQE3が実施されないことに失望 していることから、世界の株式相場は「しばらくの間」軟調が続くだ ろうと指摘した。

--Zhang Dingmin

参考画面: 翻訳記事に関する翻訳者への問い合わせ先: 東京 城塚 愛也 Aiya Shirotsuka +81-3-3201-2482 ashirotsuka@bloomberg.net Editor:Yoshito Okubo 記事に関するエディターへの問い合わせ先: Bloomberg News at +86-21-6104-3042 or swong139@bloomberg.net

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE