コンテンツにスキップする

独VWのマン買収、欧州委が来週までに承認の公算-関係者

欧州最大の乗用車メーカー、ドイ ツのフォルクスワーゲン(VW)は、独トラックメーカー、マンの買 収について、欧州連合(EU)当局から来週までに承認を得る公算が 大きい。事情に詳しい関係者1人が明らかにした。

協議が部外秘だとして関係者が匿名で語ったところでは、VWに よる買収は資産売却や他の是正措置を求められることなく承認される 見込み。EUの行政執行機関である欧州委員会が本格的な調査を開始 するかどうかを決定する期限は26日となっている。

ノルトLBのアナリスト、フランク・シュウォプ氏は「VWは、 マンの経営権取得で大きなハードルを乗り越えつつある」と指摘した。

VWは傘下のスウェーデンのトラックメーカー、スカニアとマン との提携強化を目指し、5月9日にマンに対する出資比率を29.9%か ら30.5%に引き上げた。VWはこれに伴い、ドイツの法律に基づき残 りの株式の公開買い付けが義務付けられることになった。手続きが完 了した段階で、VWはマンの議決権の55.9%を保有する見通し。

欧州委のトレス報道官とVWの広報担当、マルコ・ダラン氏は承 認の可能性についてコメントを避けた。マンの広報担当、シュテファ ン・シュトラウブ氏は、欧州委による第1段階の合併承認を期待する ことは「非現実的というわけではない」と述べた。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE