仏大統領:人民元をSDRに組み入れを-米大統領との会談で発言

フランスのサルコジ大統領はオバ マ米大統領に対し、人民元を国際通貨基金(IMF)の特別引き出し 権(SDR)の構成通貨に組み入れるべきだと語った。仏政府当局者 が明らかにした。

フランスは20カ国・地域(G20)の議長国を務める今年中に国際 金融システムの方向付けを目指しており、元をSDRの構成通貨に含 めることは、サルコジ仏大統領の今年の目標となっている。構成通貨 に組み入れられれば、元は世界の市場にさらに浸透していくことにな る。

同当局者はニューヨークでの米仏首脳会談後に匿名を条件に記者 団に対し、フランスは元をSDR構成通貨に組み込むよう推進するの と引き換えに、中国の消費や貿易の増大を求め世界経済の促進を図る 考えだと述べた。元をSDR構成通貨に含める時期について協議され たかどうかは言及しなかった。政府の方針に従って匿名を条件に語っ た。

SDRはドルと円、ポンド、ユーロの加重平均によって価値が決 められており、5年ごとに見直しが行われている。最近では今年1月 に改定されている。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE