コンテンツにスキップする

銀行セクターの判断を新規「悪化(ネガティブ)」に-BNPパリバ証

BNPパリバ証券は銀行セクター の調査を開始し、22日付で投資判断を新規に「悪化(ファンダメンタ ルズの見通しがネガティブ)」に設定した。

投資家向けリポートによると、大手銀行の株主資本利益率(RO E)は2012年度が平均9.3%、13年度は6.7%、14年度は6.3%に低 下すると予測。国内融資の低下、縮小するマージンや新しい資本規制 を受けたROE低下を考慮に入れると、株価純資産倍率(PBR)が 上昇する見込みは低いなどとしている。

個別では、みずほフィナンシャルグループを「ウエート下げ」、三 井住友フィナンシャルグループと三井住友トラスト・ホールディング スを「買い」などとしている。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE