コンテンツにスキップする

豪中銀のロウ総裁補佐:家計貯蓄率、長期にわたって高止まりと予想

オーストラリア準備銀行(中央銀 行)のロウ総裁補佐は22日、豪州の家計貯蓄率が長期にわたって高止 まりするとの見通しを明らかにした。また、支出パターンの変化に伴 い、追加収入はモノよりもサービスに充てられるだろうとの見解を示 した。

同総裁補佐はシドニーで開かれた会議での講演で、消費者がより 多くの所得を貯蓄に回していることについて、「国家のリスク管理の観 点からすれば前進だ」と指摘。「こうした貯蓄率の上昇はかなりの期間 続く公算が大きく、より伝統的な貯蓄・支出パターンへの回帰を示し ている」と語った。今回の講演では、金融政策に言及しなかった。

ロウ総裁補佐は、支出パターンがモノからサービスにシフトして おり、こうしたパターンの「大幅な変化」が最も顕著に表れるのは小 売業界だろうと予想。「家計貯蓄率が最も大きく伸びているのは、失業 の可能性に対する懸念をかなり強めている層だ」とも述べた。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE