コンテンツにスキップする

FOMC:市場関係者のコメント-メシロウFのスウォンク氏

米連邦準備制度理事会(FRB) は20、21日両日に開催した連邦公開市場委員会(FOMC)終了後に 声明を発表し、期間が短めの保有国債を長めの国債に乗り換える方針 を表明した。借り入れコストの一段の引き下げとリセッション(景気 後退)回避に向けた取り組みの一環。

これについての市場関係者のコメントは以下の通り。

◎メシロウ・ファイナンシャルのチーフエコノミスト、ダイアン・ス ウォンク氏:

「バーナンキFRB議長は全く何も試さないよりも、試行錯誤す ることを選んだのだろう」

「議長には対処する責務がある。たとえそれが限られた成長を見 せる経済に限られた効果しかもたらさないとしてもだ」

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE