FOMC:市場関係者コメント-みずほコーポレート銀の岩田氏

米連邦準備制度理事会(FRB) は 20、21両日に開催した連邦公開市場委員会(FOMC)終了後 に声明を発表し、期間が短めの保有国債を長めの国債に乗り換える 方針を表明した。借り入れコストの一段の引き下げとリセッション (景気後退)回避に向けた取り組みの一環。

これについての市場関係者のコメントは以下の通り。

◎みずほコーポレート銀行(ニューヨーク)の岩田浩二バイスプレジ デント:

FOMCのツイストオペで市場コンセンサスより購入国債の期 間が長めでかつ金額が大きかったことによる短期金利の上昇と、株 安での逃避需要という両要因でドルが買われている。期間が短めの 国債が売られ、長めの国債が買われる現象が起こっている。

もともと30年までは行かないだろうという感じだったので、 30年債まで影響が出ている。コンセンサスは平均10年、金額は 3000億ドルだった。

声明では「著しい下振れリスク」とかなり悲観的な見方をして おり、これは予想の範囲内ではあるが、株式市場に悪影響を与えた。 短期金利上昇も株式市場への悪材料となった可能性もある。今後は FRBが実際にツイストオペを実行していく上で、短期金利が果た してこのまま高水準で推移するのか、それともFRBの影響がない まま低金利になっていくのかの見極めが重要になる。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE