アイスランド中銀:政策金利据え置き-債務危機による不透明感で

アイスランド中央銀行は21日、 政策金利の据え置きを決定した。欧州の債務危機悪化で市場が混乱し たことを受け、先月開始した利上げサイクルの休止を余儀なくされた。

アイスランド中銀は政策金利の7日物担保付き貸出金利を

4.50%に維持したと発表。また、インフレ抑制のため追加利上げが 必要となることも示唆した。同中銀は先月、同国の銀行システムが約 3年前に実質破綻して以来初の利上げに踏み切った。

中銀は声明で、「世界的な金融市場の混乱と世界経済の予想を下 回る伸びが、アイスランドのインフレと景気見通しに不確実性をもた らしている」とし、「国内景気に悪影響を及ぼすリスクは前回の政策 決定会合以降に高まった」と説明した。