コンテンツにスキップする

ロンドン外為:FOMC決定控えドル指数が上昇、円は戦後最高に迫る

21日の外国為替市場では主要6通 貨に対するドル指数が上昇。米連邦公開市場委員会(FOMC)の決 定を控え、一段の刺激措置発表への期待が根強い。円はドルに対して 戦後最高値に近づいた。ユーロはドルと円に対して下落。

ロンドン時間午前9時現在、インターコンチネンタル取引所(I CE)のドル指数は0.2%高の77.135。ドルはユーロに対し0.2%高 の1ユーロ=1.3672ドル。

円はドルに対して0.1%高の1ドル=76円35銭。一時は76円12 銭まで上げた。8月19日に付けた戦後最高値は75円95銭。

ユーロはロンドン時間午前8時35分現在、対円で0.4%安の1ユ ーロ=104円33銭。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE