ニューズの不祥事拡大、米検察は英警察への贈賄疑惑も捜査-関係者

米メディア企業ニューズ・コー プはすでに英国で警察の捜査と電話盗聴をめぐる議会の調査を受けて いるが、米国でも3つの疑惑で捜査が進んでいる。

米検察当局は、ニューズの従業員が2001年9月の米同時多発テ ロ犠牲者に絡んだ留守番電話の盗聴を試み、反トラスト法(独占禁止 法)もしくは関連法に違反したかどうかの捜査に加え、英警察から情 報を得るための贈賄行為があったかを調べているという。情報が非公 開だとして匿名を条件に捜査に詳しい関係者が述べた。

関係者によれば、米検察当局は廃刊となった英大衆紙「ニュー ズ・オブ・ザ・ワールド」側が支払った金銭に関する情報提供を求め る書簡をニューズに送付。書簡は、海外汚職行為防止法(FCPA) に抵触するかどうかを判断する米司法省の取り組みの一環だという。

ニューヨーク大学法科大学院刑法管理センターのエグゼクティブ ディレクター、アンソニー・バーコウ氏は、「どのような捜査であろ うと、可能な限り徹底したものになるだろう」と述べた。

ニューヨーク・マンハッタン地区のプリート・バハララ連邦検事 正の報道担当官は捜査に関するコメントを控えた。ルパート・マード ック氏率いるニューズの広報担当も贈賄疑惑についてのコメントは拒 否した。