コンテンツにスキップする

チャノス氏:欧州ストレステストは「笑い草」、可能なら銀行株空売り

ヘッジファンド会社キニコス・ア ソシエーツの経営者で空売りする投資家として知られるジム・チャノ ス氏は、欧州の銀行を対象にした7月のストレステスト(健全性審査) は「笑い草」だったと述べ、当局の規制がなければ銀行株を空売りす ると語った。

チャノス氏は20日にブルームバーグテレビジョンのインタビュ ーで、「これらのテストは笑い草だし、会計もそうだ。市場は『もう結 構だ』と言い始めている」と述べた。

同氏は欧州中央銀行(ECB)がギリシャやポルトガル、イタリ アなどの加盟国に対し緊急融資の条件として要求した財政緊縮策の影 響で、景気回復が鈍り、政府の赤字削減目標の達成が一段と難しくな りかねないと指摘。「これは欧州の経済システム構造に深く組み込まれ ているため、こうした緊縮策の道筋をたどり始めると経済成長は高ま らず、成長率が低下するだろう。ギリシャもアイルランドもこれに気 付いている」と語った。

同氏はさらに、監督当局が先月、欧州株式市場での空売りを禁止 する措置を導入・延長する前に、欧州銀行株を空売りしていたことを 明らかにした。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE