コンテンツにスキップする

野村HD、シタデルのメイヤー氏とドイツ銀のカニンガム氏を採用

野村ホールディングスは、米資産 運用会社シタデルの元レバレッジドファイナンス担当バンカー、カー ル・メイヤー氏を採用した。米州担当レバレッジドファイナンス共同 責任者が退社したことを受けた人事。

野村はドイツ銀行の中南米の合併助言・法人金融責任者のスティ ーブン・M・カニンガム氏も採用した。両氏の採用が行われたのは先 週で、米金融取引業規制機構(FINRA)のウェブサイトで公表さ れた。野村の広報担当、ジョナサン・ホジキンソン氏はコメントを控 えた。

カニンガム氏は2006年からドイツ銀行に勤務。中南米でモルガ ン・スタンレーに勤務した経験もある。

メイヤー氏(49)はシタデルを1月に退社した。同氏はシタデル の設立間もない投資銀行部門のレバレッジドファイナンス責任者だっ た。同社は投資銀行部門の一部を閉鎖し、残りをウェルズ・ファーゴ に売却することで合意している。

野村の米州担当レバレッジドファイナンス共同責任者、スティー ブン・セルツァー氏は7月、JPモルガン・チェースに移籍するため に退社。もう1人の共同責任者ジュリー・パーシリー氏も退社した。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE