コンテンツにスキップする

ショイブレ独財務相、米国などに赤字削減呼び掛けへ-ドイツ当局者

ドイツのショイブレ財務相は、 今週ワシントンで始まる一連の国際会議でガイトナー米財務長官ら先 進国の当局者らに対し、赤字削減目標を守るようあらためて呼び掛け る。ベルリンでドイツ政府当局者が明らかにした。

協議開始前だとして記者団に匿名で20日語った同当局者による と、債務を一段と積み上げては債務危機と闘えないため、短期的な経 済刺激を求める行為は有益ではないという。

この当局者は、2010年6月にカナダのトロントで20カ国・地 域(G20)首脳会議が採択した声明を引き合いに、先進国は13年ま でに財政赤字を少なくとも半減させ、16年までに公的債務の国内総 生産(GDP)比率を安定させなければならないと説明。国際通貨基 金(IMF)の予想に基づき、イタリアを含む4カ国がこのトロント 合意を順守する一方で、米国は守れないと指摘した。

また、先進国の成長減速と欧米が財政の健全性を回復できないと の懸念が金融市場の安定にリスクをもたらしているとも述べ、こうし た状況下では規制を強化する取り組みを緩めるのは間違いだとも付け 加えた。

同当局者によれば、ショイブレ財務相はワシントンで、財政健全 化への軌道を維持するドイツの方針を明確にするとともに、赤字削減 が必ずしも景気鈍化にはつながらないとも強調する。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE