コンテンツにスキップする

米国債:2年債利回り、過去最低を更新-イタリア格下げで

米国債は20日の時間外取引で、2 年債利回りが過去最低を更新した。イタリア格下げを背景に安全性が 高いと見なされる米国債の需要が高まった。

ブルームバーグ・ボンド・トレーダーによると、ロンドン時間午 前9時23分(日本時間午後5時23分)現在、2年債利回りは前日比 ほぼ変わらずの0.16%。一時は0.1431%まで下げ、過去最低を記録し た。指標の10年債利回りは2ベーシスポイント(bp、1bp=

0.01%)上げ1.97%。

米格付け会社スタンダード・アンド・プアーズ(S&P)は19 日、イタリアの格付けを「A」とし、従来の「Aプラス」から引き下 げた。見通しは引き続き「ネガティブ(弱含み)」。経済成長の弱まり と「脆弱(ぜいじゃく)な」政権基盤によって、イタリアが債務負担 を軽減できないとの懸念を示した。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE