コンテンツにスキップする

今日の国内市況:株式は3日ぶり反落、債券上昇-ユーロが下落

東京株式相場は3営業日ぶりに反 落した。先週の欧州財務相会合への失望や米格付け会社によるイタリ ア格下げを受け、為替市場で対ユーロを中心に円高が進み、業績の先 行き警戒感から電機や機械など輸出関連株が下落。保険や証券など金 融株、海運、鉄鋼といった景気敏感業種が軒並み売られた。

TOPIXの終値は前営業日比13.09ポイント(1.7%)安の

755.04、日経平均株価は同142円92銭(1.6%)安の8721円24銭。

ポーランドで16日、ガイトナー米財務長官を交えたユーロ圏財務 相会合が開かれ、域内の高債務国への対応手段をめぐり協議した。欧 州の財務相らは、ユーロ圏諸国には減税、歳出拡大による景気刺激策 を実施する余力はないとし、勢いを失いつつある域内経済てこ入れへ の財政出動の可能性を否定。また、15日に欧州中央銀行(ECB)が 発表したドル資金供給措置に加える銀行支援の意向も示さなかった。

また、米格付け会社スタンダード・アンド・プアーズ(S&P)は 19日、イタリアの長期と短期のソブリン格付けを「Aプラス/A-1 プラス」から「A/A-1」に引き下げた。見通しはネガティブ。こ のほか、ギリシャのパパンドレウ首相は同国のユーロ残留か離脱かに 関する国民投票を検討している、と同国紙カティメリニが匿名の関係 者を引用し、報じた。

一方、米国では、全米ホームビルダー協会(NAHB)とウェル ズ・ファーゴが19日に発表した9月の米住宅市場指数が14と、前月 の15から低下。エコノミスト予想の中央値は15だった。同指数で50 を下回ると、住宅建設業者の多くが現況を「悪い」と見ていることを 示す。

欧米景気の減速に伴う需要減退や為替の採算悪化が懸念され、ト ヨタ自動車やホンダ、ファナック、コマツ、ソニーなど輸出関連株が 総じて下げた。東証1部の業種別33指数では、海運が5.6%安と下落 率トップで、日本郵船や商船三井、川崎汽船の大手3社はそろって大 幅安。海運株にとっては、ばら積み船の国際運賃市況であるバルチッ ク海運指数の3日続落も逆風となった。保険株も安く、S&Pが格下 げしたイタリア国債を保有する第一生命保険は6.3%安と急落。

東証1部の売買高は概算で14億1621万株、売買代金は9668億円。 売買代金の1兆円割れは、8日以来となる。値下がり銘柄数が1398、 値上がりは188。

債券上昇

債券相場は上昇。長期金利は一時0.985%と1週間ぶりの低水準 を付けた。ギリシャのデフォルト(債務不履行)懸念を背景に、前日 の米国債相場が続伸し、内外株式相場が下落したことを受けて買い優 勢の展開となった。

東京先物市場で中心限月12月物は前週末比28銭高の142円80 銭で始まった。日経平均株価が3営業日ぶりに反落して始まり、下げ 幅を拡大すると、直後から買いが増えて6日以来の高値となる142円 84銭まで上昇した。その後は142円70銭台を中心にもみ合い、結局 は21銭高い142円73銭で引けた。

12月物の日中売買高は1兆724億円にとどまり、中心限月ベース で8月15日以来およそ1カ月ぶりの低水準となった。

現物債市場で長期金利の指標とされる新発10年物の317回債利回 りは、前週末比2ベーシスポイント(bp)低い0.985%と13日以来の低 水準で始まった。その後も同水準で推移したが、午後2時20分過ぎか らは1.5bp低い0.99%で推移している。また、5年物の99回債利回 りは一時1.5bp低い0.33%まで低下。新発5年債利回りとして7日以 来の水準まで下げた。

ユーロが下落

東京外国為替市場ではユーロが下落。対円では約10年ぶりの安値 圏で推移した。ギリシャの債務問題の長期化でユーロ圏経済への影響 が懸念される中、イタリア国債が格下げされたことを受けて、再びユ ーロ売り圧力が強まった。

ユーロ・円相場は前日の海外市場で一時1ユーロ=103円97銭と、 今月12日に付けた2001年6月以来の安値103円90銭に接近。その後、 104円台後半に値を戻したが、東京市場では一時103円99銭まで下押 された。ユーロ・ドル相場は海外市場で一時1ユーロ=1.3587ドルと、 4営業日ぶりの安値を付けたあと、1.37ドル台前半まで反発。しかし、

1.36ドル台後半で東京市場の取引を迎え、一時は1.3594ドルに水準 を切り下げている。

前日の海外市場で一時1ドル=76円33銭と、戦後の円最高値75 円95銭を付けた8月19日以来の水準まで円高が進んだドル・円相場 は、東京市場で一時76円76銭までドルが反発。その後は再びじりじ りと円買い圧力がかかり、正午にかけて76円45銭まで円が水準を切 り上げた。午後の取引では76円台半ばを中心に取引された。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE