イタリア政府:S&Pの格下げは「現実」を反映していない

イタリア政府は20日、米格付け会社 スタンダード・アンド・プアーズ(S&P)が同国の格付けを引き下げ たことについて、政治的な理由に基づくものであり「現実」を反映して いないとの声明を発表した。声明は、イタリアは引き続き2013年に財政 を均衡させる計画であり、成長を押し上げる措置に取り組んでいると説 明した。

参考画面: 翻訳記事に関する翻訳者への問い合わせ先: 東京 角田正美 Masami Kakuta +81-3-3201-3157 mkakuta@bloomberg.net

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE