中国のビジネス環境、「不満増大」引き起こす-米ロック駐中国大使

米国のロック駐中国大使は20日、 中国でのビジネス環境が、海外の企業幹部や政治指導者の「不満増大」 を引き起こしつつあり、投資家心理に「疑念の種」をまいていると語 った。

ロック大使は北京で米企業幹部に向け、「5カ年計画で中国が特 定した目標と、それを達成する手段との間にはずれがある」と発言、 「国内消費の拡大や技術革新の育成のような目標は、中国が過去数十 年にわたり実践してきた経済改革の加速と拡大が必要だ」と語った。 同大使の講演は米商業会議所が主催、発言内容は講演前に配布された 原稿に基づく。

ロック大使はまた、外国企業は「航空から医療、金融など幅広い 業界にわたり厳しい規制」を受けていると指摘。投資家の疑念を払拭 (ふっしょく)するため、「多くの分野で合弁会社」を義務付けるな どの制限的な慣行を中国は撤廃し、「拡張的な政府介入なしに投資判 断を下す」ことを国内外の企業双方に認めるべきだと訴えた。

--Michael Forsythe. Editors: Peter Hirschberg, Ben Richardson

参考画面: 翻訳記事に関する翻訳者への問い合わせ先: 東京 関根裕之 Hiroyuki Sekine +81-3-3201-7850 hsekine@bloomberg.net Editor:Masashi Hinoki 記事に関する記者への問い合わせ先: Michael Forsythe in Beijing at +86-10-6649-7580 or mforsythe@bloomberg.net 記事に関するエディターへの問い合わせ先: Peter Hirschberg at +852-2977-6934 or phirschberg@bloomberg.net

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE